このコーナーのQ&Aは、アルバック機工の創立30周年を記念して企画編集した
「真空でなにができるか」 (日刊工業新聞社発行)から抜粋したものです。
※記載の順序や表記方法は一部変更しています。

 

真空排気系を利用するときのQ&A
Q3.7 油回転真空ポンプで使用する油の劣化を防ぐ方法、または交換する目安を教えて?

1)

真空ポンプ油は粘性、蒸気圧、全酸価といった項目が重要となります。粘性が変化すれば回転抵抗が変わり、部品同士の隙間を埋めるシール性が悪くなるなどの影響があります。蒸気圧はポンプ自体の到達圧力に影響し、劣化の目安を知るには全酸価の値というものがあります。

 

2)

一般的に劣化の目安として全酸価の値で判断しますが、ASTMカラー(簡易比色法)といった色合で判断する場合もあります。この場合、油の変色の程度によって劣化を判断します。ただし、ポンプに使用している部品によって劣化はしていないが油の変色が見られるものもあるため、現実には到達圧力の変化によって判断することが必要です。

 

3) 運転温度は高い吸入圧で使用するなどしてポンプ内部の温度が高くなれば油の劣化が早くなります。劣化を防止するためには、高い吸入圧での連続運転を行わないことなどが必要です。吸引ガスについては、吸気側にコールドトラップなどを設け、事前に処理する方法があります。また、油循環ろ過機(オイルフィルトレーションシステム)などを使用して油の寿命を延ばすなどの対処方法もあります。


Copyright (C)2003 ULVAC KIKO, Inc. All Right Reserved.  Ver.4.00(2011年2月10日改訂)
●本サイトに使用している製品の写真、内容、仕様は実際の販売商品とは異なる場合があります。
●技術改良のため、予告なく変更する場合があります。あらかじめご了承ください。