2004.12 更新

 弊社真空ポンプの取り扱い注意とお願い 

弊社が過去に製造いたしました真空ポンプの中には、過電流保護回路のないモーターを使用した商品がございました(「対象真空ポンプ」ご参照)。対象の機種をご使用中、何らかの理由で回転不能、運転停止した場合に過電流が流れ、長時間放置しますとモーターが発熱し、発煙に至ることがあります。

しかしながら、ユーザー様のなかには過電流保護対策なしでご使用されているケースもあるかと思います。

つきましては、対象の機種をご使用のユーザー様に対して、事故を予防するために過電流保護回路がない真空ポンプであること、また、ご使用にあたり「電動機用電磁開閉器」を主に、過電流保護を行っていただくようご説明を申し上げるとともにシールの貼付、過電流保護装置のご紹介をさせていただきます。

なお、不明な点などございましたら、こちらまでお問い合わせください。

アルバック機工株式会社
東日本営業部  TEL 045-533-0205 FAX 045-533-0204
西日本営業部  TEL 06-6350-2166 FAX 06-6350-2169
E-mailでのお問合せはこちらからkikoinfo@ml.ulvac.com

対象真空ポンプ

油回転真空ポンプ
G-5(シリアル S/N95969 以前が対象)
G-5D
G-5DA(シリアル S/N961982 以前が対象)
G-10D
G-15
G-20D/GC-20D
G-25S/GC-25S
G-50D/GC-50D
G-50S/GC-50S
GWS-020
GWS-040
ドライ真空ポンプ
DS-50
=すでに生産中止またはモデルチェンジ機種
=2001年6月よりサーマルプロテクター付きモーターに改良


Copyright (C)2003 ULVAC KIKO, Inc. All Right Reserved.  Ver.4.00(2011年2月10日改訂)
●本サイトに使用している製品の写真、内容、仕様は実際の販売商品とは異なる場合があります。
●技術改良のため、予告なく変更する場合があります。あらかじめご了承ください。