真空ポンプ選定の目安

真空ポンプの選び方について、私から少しだけアドバイスしましょう。
でも私の話は、あくまでも選び方の参考にしかなりません。詳しくは経験豊富なアルバック機工まで問い合せた方がいいでしょう。きっとお客様の使い方に合った真空ポンプを選んでくれるはずです。

どんな使い方をしますか?

  気体を吸い込むための真空ポンプをお探しの方は、揺動ピストン型ドライ真空ポンプがお勧めです。

排気速度が大きなものをお探しの場合は、回転翼型ドライ真空ポンプの方が良いかもしれません。価格は安いですが、運転音が大きいのが難点です。

小型で静かなものをお探しの場合は、ダイアフラム型ドライ真空ポンプの方が良いかもしれません。品揃えも多く、運転音が小さいのが特徴です。

  モノを吸着して固定したり、運んだりするための真空ポンプをお探しの方は、揺動ピストン型ドライ真空ポンプか、ダイアフラム型ドライ真空ポンプがお勧めです。

同じ排気量なら揺動ピストン型ドライ真空ポンプの方がコンパクトです。またダイアフラム型ドライ真空ポンプの方が比較的静かという特徴があります。

排気速度が大きなものをお探しの場合は、回転翼型ドライ真空ポンプの方が良いかもしれません。価格は比較的安いですが、運転音が大きいのが難点です。

強力な吸着力を必要とする場合は、スクロール型ドライ真空ポンプの方が良いかもしれません。でも他に比べてちょっと値段が高いのが難点です。

  ある空間を真空にする、ある空間の圧力を下げるための真空ポンプをお探しの場合はちょっと話が複雑になります。

どのくらいまで減圧したいか、真空槽の中で何がしたいかによって、お勧めする真空ポンプが変わってきます。

参考までに真空ポンプの種類と、その真空ポンプが作り得る圧力を表に示します。また真空にしたい空間の大きさによって真空ポンプの大きさも変わってきます。それはある程度計算で出すことができますので、興味があれば真空豆知識を見てください。



詳しくは経験豊富なアルバック機工まで問い合わせた方がいいでしょう。 お問い合わせは

Copyright (C)2003 ULVAC KIKO, Inc. All Right Reserved.  Ver.4.00(2011年2月10日改訂)
●本サイトに使用している製品の写真、内容、仕様は実際の販売商品とは異なる場合があります。
●技術改良のため、予告なく変更する場合があります。あらかじめご了承ください。